教育ローンを利用しなくて済むように準備しておこう

大学の費用を払うために教育ローンを利用している方はかなりいるようです。
現在は大学の進学率が約50%となっているので、子どもが生まれたら時点で大学に行くことを想定して家計のやり繰りをしなければいけません。
早い段階で大学の費用を確保しておくことを推奨します。
ローンを利用すれば良いと考える方がいるようですが、それは良い選択ではないと言えます。
教育ローンを専門にしているところがありますが、かなり金利が高いので学生が社会人になってから大きな負担になっています。
名義は学生本人になっているので、学生が自分で払っているケースがほとんどです。
親は子どもに教育を受けさせる義務があります。
生まれた時から少しずつでも貯蓄しておけば18歳になったときに結構な額になっています。
医学部は数千万かかるので難しいですが、一般的な大学であれば十分準備することが可能になります。
趣味に使っているお金を少し削ったりと頑張れるはずです。
子どもに借金を負わせるのはダメです。