教育論を上手に使うことについて

子供が大きくなるにつれ教育にかかるお金は高くなってきています。
昔は公立の高校に行くのは普通で私立の高校に行く子供はあまりいなかったように思います。
しかし、現在は教育の中身や学校の施設も充実しておりわざわざ私立の学校に行く子供も増えています。
また、私立は塾へ行かなくても学校でその分指導を受けられるという利点もあります。
しかし、私立は公立の2倍はお金がかかります。
ましてや遠くになると交通費や寮などの他の出費も増えます。
また大学に行くことになりますとそこでも国公立や私立で学費の差が大きく出てきます。
そうなると、私立へ行くことを想定してお金を用意することが必要です。
しかし、子供が2人や3人になりますととても一般家庭では太刀打ちできないものだと思います。
そういう時に奨学金を使う方もいると思いますが、その他にも銀行などで取り扱っている教育ローンも便利だと思います。
他のものに比べて金利が安く学部によっては多額に借りることもできます。
また、他の金融会社よりも銀行ということで安心もできます。
これらを上手に使い子供の未来が開けて行けたら良いと思います。